海外生活

海外駐在員として働いて得られるもの

Work_Overseas

アメリカで海外駐在員として働いている会社員(サラリーマン)のShine(シャイン)です。

ワタシは中堅メーカーの駐在員として5年以上アメリカで働いています。今回の記事は海外駐在員として働いた場合に得られるものという内容です。

結論から書くと会社員(サラリーマン)を生業とする場合、海外駐在員として働いて損することは無いと考えています。

順番に解説していきます。

高い語学力

Languages

公私ともに外国語

当たり前ですが、外国に住むと仕事もプライベートもその国の言語を使うことになります。例えばワタシの場合アメリカに居るので日常英語を使っています。

世界で一番メジャーな言語が英語ですので、この記事では使う言語を英語に絞って解説します。

アメリカで働く駐在員の言語環境は下記の通りです。

  • 日本人家族の場合、家の中で家族で使う言語は日本語
  • 会社で働いているのは外国人なので使う言語は英語
  • 市役所や公共施設で使う言語は全て英語
  • お店で買い物する時に使う言語は英語
  • 子供たちが通う現地校で使う言語は英語

メッチャ当たり前のことを書いています。ただ日本に住んでいる人の場合、見える化しないとイメージがわかないと思うので見える化してみました。

英語が大キライな人にとっては地獄以外のなにものでもありません。ただ英語ができないと生活できないので駐在するとイヤでもある程度出来るようになります。

その人のバックグラウンド、語学センス等、個人差はあるにせよ、海外駐在員として働けば高い語学力が身に着き、その後の人生において大きな武器となります。

ゼロからのスタートだとキツイ

残念ながら語学力ゼロの状態から海外駐在員として働いても語学は身に着きません。むしろ地獄を見ることになります。

相手の言っていることがわからない、伝えたいことが言えないという状況を想像して下さい。仕事、生活できますか?

  • 駐在員が複数名いて公私ともに手厚いサポートが受けられる
  • 日本人の多い地域に住むので周りの人が助けてくれる

例えば上記のような環境なら良いですが、そうでない場合は自力で何とか生活しなければなりません。

語学力ゼロの状態で海外に住んだら何とかなるという人がいますが、語学はそんなに甘くありません。

駐在員として働き始める前に、しっかり語学力を磨いておくことを強くおススメします。

Stratigy_for_English
会社員(サラリーマン)の英会話学習戦略会社員(サラリーマン)が英会話を習得する為の戦略を解説します。海外留学より駅前留学戦略、外国で自分が困るよりも日本で困っている外国人を戦略的にサポート、会社員(サラリーマン)は聞き流すだけの英会話教材には手を出さない、会社員(サラリーマン)は英会話習得の前に英文法、読み書きを習得する。...

サバイバル能力

survival

日本と違い結構いい加減

電車、配達物、ファストフード、建築物等々、日本の場合時間通り、指示通りで完璧です。

一方一歩海外に出ると超いい加減です。例えば水回りの修理をお願いすると、「朝8時から昼12時の間に来ます。」といって普通に午後1時に来ます。

ヒドイときは来やしません。ただ慣れとは恐ろしいもので、時間の経過と共に「まあこんなもん」となります。

なのでお湯の蛇口をひねって水がでようが、ベッド2個注文したのに3個届いても「まあまあええやないか」と動じず次どうするか考えるようになります。

不測の事態に遭遇する

ホテルやレンタカー予約したのに予約が入っていない、飛ぶはずの飛行機が飛ばず打ち合わせに出られないといったことが海外では普通に起こります。

日本の場合、真面目な国民性もあってか確りプランニングさえすれば大体計画通り物事が進みますが海外の場合はそうはいきません。

海外生活においては物事が予定通り、時間通り進まないのが当たり前なので、不測の事態に遭遇しても焦らずに対処できるようになります。

マネジメント力

management

日本に居た時よりも上のポジションに就く

海外の現地法人に出向する場合、基本的に日本で働いていた時よりも上のポジションに就くことが一般的です。

例えば駐在員1名の場合は社長として、又駐在員複数名いる場合でも部長級以上の職位でチームを率いることになります。

日本で勤務していた時よりも責任が重く裁量もあるので、難しい判断を迫られる場面に何度も出くわします。

自分の能力よりも高い次元の業務に従事することにより、自分自身の能力を高速かつ大幅に伸ばすことができます。

現地法人をマネジメント

比較的規模の小さい海外現地法人へ駐在員として出向する場合、トップとして或いは経営陣として現地法人を経営することになります。

多くの場合一従業員として日本で働いて人が、海外現法で一つの会社の舵取りを担うことになります。責任重大でハードですが高いマネジメント力が身に着きます。

経営層として海外駐在する場合の責任範囲は下記の通りです。

  • 現地法人の売上
  • 現地法人の利益
  • 現地法人の固定費(賃金、経費等)
  • 現地法人における販売戦略策定
  • 現地法人の組織編制(増員/強化/リストラ)

現地法人ではローカル職員がその会社の従業員として働いています。例えば売上が低迷し利益が確保できなくなった場合、固定費削減の為に人員整理します。

つまり経営を担う駐在員の手腕次第でローカル職員が職を失います。自分のせいで従業員を解雇・・・他人の人生を左右する訳ですから相当な覚悟が必要です。

本社と規模こそ違いますが、現地法人の経営に携わると企業の仕組みが見えてきます。これは中々できない経験であり海外駐在員の大きなメリットです。

Chuzai
会社員(サラリーマン)は戦略的に海外駐在員を狙え会社員(サラリーマン)は語学力を磨き、手厚い待遇を得る為に海外駐在員を目指すべきという内容の記事です。海外駐在することにより子供達も語学が習得でき国際性が身に着くというメリットを享受できます。また帰任後海外経験を活かしてキャリアアップできることも海外駐在員を目指す理由の一つです。...

転職市場における高い市場価値

job-change

語学力と海外駐在経験は大きな武器

多くの企業にとって高い語学力を持ち、海外駐在経験がある人は非常に魅力的です。語学力と海外駐在経験があれば転職市場における市場価値が高くなります。

例えばワタシはメーカー勤務ですが、日本市場は既に飽和、伸びシロがありません。一方海外市場においては、知名度が低く売上も高くない為、伸びシロがたっぷりあります。

多くの日系企業がワタシが働く会社と同じような状況で、海外で勝負しなければ生き残っていけないと思います。

海外で勝負する場合、まさか日本で仕事する訳にはいきません。ビジネスの世界では英語を使うことになります。下記は英語を話す人口データです。

  • 世界の人口:約70億人
  • 世界で英語を話す人口:約17.5億人
  • 日本の人口:約1億2千6百万人

引用:b.E Camp

日本語で日本人相手だけに仕事をする場合、1億2千万人が最大となります。一方英語ができれば最大17.5億人の人とコミュニケーションが取れます。

数字を見れば一目瞭然で、語学力があればビジネスチャンスがそれだけ広がるということです。また文化の違う海外での勤務経験があれば多くの企業から引く手あまたとなります。

グローバル人材が圧倒的に不足

巷では「これからは英語が必須だ」と言われ始めてかれこれ20年くらい経っています。しかし未だに日本人は英語が苦手です。

下記はEE EPIが出しているデータです。日本は残念ながらアジアの中でも順位が下の方です。

  • 日本人の英語力88か国中49位(英語を母国語としない国)
  • 1位はスウェーデンで上位は欧州が占める
  • アジアの中でも韓国、中国、台湾より日本は順位が下

引用:EE EPI2018 英語能力指数

データからもわかる通り日本の企業は、海外市場で戦う為にグローバル人材が必要です。しかし日本では語学力と海外経験のある人材が圧倒的に不足しています。

駐在員として海外で働き語学力に磨きをかければ鬼に金棒です。転職市場における高い市場価値こそ海外駐在員最大の恩恵でしょう。

  • 海外駐在すると高い語学力が身に着く
  • 海外駐在すると高いサバイバル能力が身に着く
  • 海外駐在すると高いマネジメント力が身に着く
  • 海外駐在すると転職市場でおける市場価値が上がる

海の向こうの見知らぬ国で外国語を使って、日本人以外の人と仕事と生活をする、これは想像以上に大変なことです。

しかし海外駐在員として働くことによるリターンは相当大きいです。海外での生活が人生における貴重な経験となるだけでなく、人材としての価値が上がりお金に繋がります。

海外駐在員として働くチャンスが回ってきたら、迷わず手を上げて海外市場に飛び込みましょう。一発逆転ねらえるかもですよ。

Job_Change
会社員(サラリーマン)は普段から戦略的に転職を意識すべし会社員(サラリーマン)が普段から戦略的に転職を意識すべき理由について解説します。一刻も早くブラック企業から脱出し転職戦略を練る、転職サイトに登録し自分の市場価値を掴んでおく、戦略的に転職し、より良い待遇をゲット、明日解雇されても生きていけるよう戦略的に努力する、これらを普段から戦略的に考えることが会社員(サラリーマン)にとっていかに大切か。...
ABOUT ME
Shine
Shine
こんにちは、Shine(シャイン)です。 5流大学卒業 → フリーター → 派遣社員 → 正社員営業マンという経歴を経て、現在は米国駐在員として働く40代の会社員です。 私が会社員として生き残る為に、実践してきたノウハウを多くの方と共有したいと思いこのサイトを作りました。