キャリア

【海外駐在後の転職活動】ロバートウォルターズを使ってみた感想

RB1

シャイン
シャイン
日系メーカーに勤務しているShine(@Lazy_Kaishine)です。アメリカ駐在を7年経験し、現在は日本で事業企画部門の管理職をやっています。

シャチョウ
シャチョウ
  • ロバートウォルターズはどんな人向けのサービス?
  • 語学力が活かせる無料の転職サービスを探している
  • 海外営業や海外駐在経験を活かして転職したい

語学力を活かした転職に関する疑問
  • ロバートウォルターズはどんな人が使うサービスなの?
  • 語学力が活かせる無料の転職サービスを探している
  • 海外営業や海外駐在経験を活かして転職したい

これらの疑問に応える記事を書きました。

外資系・日系グローバル企業に強い転職サービスであるロバートウォルターズは、僕がアメリカ駐在を終え帰任してから使い始めました。

利用するようになったキッカケは、僕が登録していた別の転職サイト経由であったコンサルタントからのコンタクトです。

外資系・日系グローバルに特化というだけあり、Robert Waltersのコンサルタントによるアプローチから面談まで、全て英語で行われました。

この時点で利用できる人がかなり絞られてしまう訳ですが、その代わりロバートウォルターズが紹介してくれる求人・・・尖ってます!

シャチョウ
シャチョウ
エッジの効いた求人紹介してくれるよ!

語学に自信があり『我こそは!』と思う読者の方は是非最後までお付き合いください。

 

無料会員登録

【海外駐在後の転職活動】ロバートウォルターズを使ってみた感想

RB19

僕はアメリカに駐在していた時から、複数の転職サイトに登録し転職活動に必要な書類を準備してました。

転職活動に必要な書類
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 英文レジュメ

今の会社がイヤだとか、すぐに転職したいという考えはなかったのですが、希望退職だのリストラだの暗いニュースばかり目にしていたので・・・。

早めに準備していつでも動ける体勢を整えておこうという考えたわけです、ハイ。

転職サービスに登録する理由
  • 自分が在籍している会社が倒産するかもしれない
  • もしかしたら自分がリストラされるかもしれない
  • 転職したら今より良い待遇をゲットできるかもしれない

海外駐在後の転職活動にロバートウォルターズを活用

RB10
出展:ロバートウォルターズ

アメリカ駐在を終え日本に戻った後、過去に登録した別の転職サイト経由でロバートウォルターズのコンサルタントから、僕にコンタクトがありました。

コミュニケーションは全部英語です・・・しかも発信者がTom Lee(仮名)という名前で思いっきりガイジンです。

英語でのやり取りに加え、外国人コンサルタントが日本人の様なキメ細かな対応してくれるのか不安でした(偏見)。

結論を先に言うと『対応大丈夫かな・・・』という不安は僕の先入観であり、非常に丁寧に対応してくれました。

以下ロバートウォルターズのコンサルタントから届いたメッセージ抜粋です。
※個人を特定できそうな文言は変更しています。

Tom
Tom

Dear Shine,

My name is Tom and I am from the Electronics team at Robert Walters in Tokyo. My team specializes in sales, marketing and engineering opportunities all across the manufacturing sector. I am very interested in your background, so would like to schedule a meeting with you in the next week if possible. I would love to understand your experience better and also what you wish to do as a next potential career step. I look forward to hearing back from you soon. Thank you.

Tom

【和訳】
Shineさん、はじめまして
私はロバートウォルターズのTomと申します。
私のチームは製造業の営業、マーケティング、技術者の求人に特化しています。
Shineさんの経歴に興味があり来週是非面談をさせて頂きたいのですがご都合いかがでしょうか?
連絡をお待ちしております。

シャイン
シャイン

Hello Tom,

Thank you for reaching out to me. My name is Shine, I currently work for a measurement device manufacturer. I am more than happy to speak with you on line next week. Please let me know your preference either a conference call or a web meeting. Thank you and have a good day.

Shine

【和訳】
Tomさん ご連絡ありがとうございます。
私は現在計測機器のメーカーで働いております。
来週お話できればと思いますので電話会議形式かWebミーティング形式どちらが良いかお知らせください。
よろしくお願いします。

こんな感じでメールで交信し、翌週WEB形式で面談することになりました。

事前に英文レジュメを送ってほしいとのことだったので、過去に作成した英文レジュメをアップデートしてTomさんに送りました。

ロバートウォルターズの名前は聞いたことはありましたが、なんか敷居が高そうな気がして使っていませんでした。

まあ今回は向こうからアプローチしてきてくれたし、お金がかかる訳でもないし良い求人紹介してくれそうだし・・・みたいなノリです。

ロバートウォルターズのTomと面談

RB12

出展:ロバートウォルターズ

さてRobert WaltersのコンサルタントTomさんと面談です。

事前に英文レジュメを送っておいたので、その情報を深堀していくような恰好で面談は進められました。

Tom
Tom
Hello Shine how are you doing today?
シャイン
シャイン
Hello Tom I’m good, thanks, yourself?
Tom
Tom
I’m doing well. Thank you for your time today. The purpose of today’s meeting is that I’d like to learn more about your background and understand your current situation and what you want to do next as well. Before we begin, I was curious if you’ve heard Robert Walters.
シャイン
シャイン
Yes, I have but I only have a little knowledge about your company.

とまあこんな感じで英語の面談が始まり、まずはロバートウォルターズの会社概要の説明を受けました。

ちなみにTomさんはイギリス英語を話すコンサルタントでしたが、僕のようなナンチャッテではなくネイティブスピーカーだと思います。

続いて僕のキャリアや転職活動の動機、希望するポジションや待遇について聞かれました。

面談で聞かれたこと
  • これまで勤めた会社について
  • 経験した業務内容について
  • 経験したポジションについて
  • 転職活動をすることになったキッカケについて
  • 希望年収・ポジション・職種について
  • 転職活動の時間軸について

上記の通りで結構細かく聞いてくれました。

コンサルタントからの質問が一通り終わると僕から質問があるか聞かれたので、下記の質問をしました。

Shineが聞いた質問
  • Do you guys only handle job opportunities for bilinguals?
    (和訳)ロバートウォルターズは外資系企業の求人に特化しているのですか?
  • Does Robert Walters focus on Gaishikei companies?
    (和訳)ロバートウォルターズは外資系に特化していますか?
コンサルタントの回答
  • はい、バイリンガルかトリリンガル向けのサービスです。
  • 日系グローバル案件も取り扱っていますが、8:2の比率で外資系求人が多いです。

とどのつまり英語が話せる人に、外資系企業の求人を紹介することを生業としているということみたいです。

なのでコンサルタントとの英語面談で利用者の経歴を確認しながら、英語スピーキング能力を測っているのでしょう。

コンサルタントとの英語面談でコケると、求人紹介してもらえない可能性があるので踏ん張りどころです。

【感想】尖ってるぜロバートウォルターズ

RB11

出展:ロバートウォルターズ

英語面談の時にロバートウォルターズバイリンガルトリリンガルのみ扱っていると聞いたので、僕ごときに求人こないだろうと思っていました。

しかし予想に反して登録してから2週間後に求人紹介のメールがきました。

さすが外資系エージェント・・・尖っている、紹介してくれる求人が尖っています。

シャイン
シャイン
外資系企業の内部まで入り込んでいるのか尖った非公開求人を紹介してくれるんです。

以下エージェントとのやり取り抜粋ですが、まんまだとマズいので氏名や社名等一部中身を変えています。

【求人紹介メール抜粋】

Dear Shine
Good afternoon and I hope you’re doing well. It’s Tom at Robert Walters. I’m contacting you for an exciting position with ABC tech. ABC tech is a global leader in measurement devices for semiconductor equipment. Their products help to maintain the quality and productivity. ABC tech’s global HQ is in California USA.

ABC tech is looking to hire a sales manager to expand operations in Japan. This is a senior position reporting directly to APAQ HQ in Hong Kong and they are looking for Japanese salespeople who speak English well.

【Shineからの質問】

It looks like their products are very niche. Are there any Japanese competitors in the Japanese marketplace?

Is ABC device the top manufacturer in the industry in Japan?

Is the demand for their products going to be steady in the future?

【和訳】

ABCデバイスの製品はニッチなようですが、日本市場に競合他社はいますか?

ABCデバイスは、日本市場で業界トップのメーカーですか?

ABCデバイスの持つ製品の需要は今後も安定していますか?

【Tomさんの回答】

They have no major direct competitors in the Japanese marketplace as they are the global market leader for their product.

For their product line and service offering, Yes.

Yes, demand for their product was always steadily growing over the past 30 years and they have a varied customer base.

【和訳】

ABCデバイスの競合他社は日本市場には存在しません。

彼らはこの業界において日本市場でトップのメーカーです。

ABCデバイスが販売する製品は過去30年成長し続けており、今後も安定して需要はあるでしょう。またABCデバイスの製品は幅広い顧客層に支持されています。

こんな感じで僕の質問にも明確に答えてくれました。

聞いたことない会社でしたが、紹介された会社のWEBサイトでみるとそれなりの規模を誇るグローバルカンパニーということが分かりました。

シャイン
シャイン
競争激しそうだけで取り合えず応募してみました。

この尖った会社APAC HQのDirectorと直接コネクションがあるというのが、さすが外資系企業に特化したエージェントと言ったところでしょうか。

さすがロバートウォルターズ、紹介する求人だけでなくコネクションも尖っています。

 

無料会員登録

ロバートウォルターズの特徴

RB18

このパートではロバートウォルターズの特徴について解説します。

ロバートウォルターズの概要

出展:ロバートウォルターズ

運営会社 Robert Walters
利用料金 無料
従業員数 3,100名(グローバル)
拠点 31ヵ国
設立 1985年

ロバートウォルターズは、外資系日系グローバル企業の求人に特化した転職サービスです。

業界で30年以上の歴史があり、世界31ヵ国で人材ビジネスを展開する老舗エージェントです。

取り扱う求人の80%が外資系ということもあり、利用者にはビジネスレベルの英語が求められます。

こんな人におすすめ
  • 英語を使って外資系企業で働きたい人
  • 英語を使って日系グローバル企業で働きたい人
  • 海外駐在の経験がある人
  • 英語力を活かしてハイキャリアを目指したい人

ロバートウォルターズの受賞歴

2020 ベストカンパニー Great Place To Work® 2020 (日本)
2019 ベスト・リクルートメント・カンパニー・オブ・ザ・イヤー – 大企業部門
リクルートメント・インダストリー・アワード – ジャパン2019(日本)スペシャリスト・リクルートメント・カンパニー・オブ・ザ・イヤー
リクルートメント・インダストリー・アワード – ジャパン2019 (日本)ベストカンパニー Great Place To Work® 2019 (日本)The Best HR Consulting Firms & Services of the Year
日本人材ニュース 人材コンサルティング会社&サービス100選 (日本)
2018 グロース・カンパニー・オブ・ザ・イヤー
リクルートメント・インダストリー・アワード – ジャパン2018(日本)バンキング&ファイナンス・リクルートメント・カンパニー・オブ・ザ・イヤー
リクルートメント・インダストリー・アワード – ジャパン2018(日本)ベスト・バックオフィス・チーム・オブ・ザ・イヤー
リクルートメント・インダストリー・アワード – ジャパン2018(日本)The Best HR Consulting Firms & Services of the Year
日本人材ニュース 人材コンサルティング会社&サービス100選 (日本)
2017 The Best HR Consulting Firms & Services of the Year
日本人材ニュース 人材コンサルティング会社&サービス100選 (日本)
2016 最優秀インターナショナル・リクルートメント・カンパニー
リクルートメントインターナショナルアジアアワード2016 (日本)最優秀人材紹介会社・製造業部門
リクルートメントインターナショナルアジアアワード2016 (日本)ベスト・バックオフィス・チーム・オブ・ザ・イヤー
リクルートメントインターナショナルアジアアワード2016 (日本)The Best HR Consulting Firms & Services of the Year
日本人材ニュース 人材コンサルティング会社&サービス100選 (日本)

出展:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは、世界中で多くの賞を受賞しています。

シャチョウ
シャチョウ
ロバートウォルターズは、信頼できるエージェントということだね。

ロバートウォルターズのメリット・デメリット

RB14

このパートでは、ロバートウォルターズを使うメリット・デメリットについて解説します。

ロバートウォルターズを使うメリット

ロバートウォルターズを使うメリットは、質の高い外資系・日系グローバル求人が豊富なところです。

ロバートウォルターズのメリット
  • グローバル企業の転職に強い
  • 外資系企業の転職に強い
  • 年収1000万円クラスの求人が多い
  • コンサルタントが優秀

ロバートウォルターズが扱う求人は外資系企業が80%ということもあり、良質な外資系求人を多く取り扱っています。

同社の優秀なコンサルタントが外資企業と密な関係を築いているから、多くの尖った非公開求人を抱えているのでしょう。

求人の紹介は面談したコンサルタント以外の人からも飛んできます。

面談したコンサルタントがチームメンバー数名と利用者の情報を共有し、彼等が利用者に合った求人を紹介してくれるのです。

やり取りする相手は増えますが、間口は広い方が良い求人に出会える可能性が高まるので良いでしょう。

シャイン
シャイン
僕の所にも面談したコンサルタント以外の人から外資系求人の紹介メールが英語で飛んできてました。

語学力を活かしてハイキャリアや年収アップを目指す人にとって、ロバートウォルターズは強い味方となってくれますよ。

ロバートウォルターズを使うデメリット

ロバートウォルターズのデメリットは、求人紹介サービスを受けるにはビジネスレベルの英語力が必要だということです。

前述の通りRobert Waltersは、バイリンガル人材に特化した転職サービスで、ビジネスレベルの英語力があってやっとスタートラインに立てます。

ロバートウォルターズのデメリット
  • 利用者にはビジネスレベルの英語力が求められる
  • コンサルタントとのやり取りは全て英語
  • 紹介される求人にも英語力が求められる

ロバートウォルターズを使うには、兎にも角にも英語が必要で、万人向けのサービスではないです。

英文メールだけならまだしも、フォローアップの電話も英語なので英語に自信のない人にはおすすめできません。

シャチョウ
シャチョウ
英語の読み書きはできるけど、話すのは苦手という人には厳しいかもしれないね。

 

無料会員登録

 

ロバートウォルターズに登録してみよう【2分で登録】

RB17

このパートではロバートウォルターズへの無料登録フローについて解説します。

シャチョウ
シャチョウ
無料登録は2分程度で済ませられるよ。

ロバートウォルターズの無料登録フロー

RB0

 

 

赤で囲った『簡単登録』をクリックし、登録作業を進めていきましょう。

個人情報を入力

RB3

姓・名・メールアドレスを入力します。

パスワードを設定する

RB4

自分で決めたパスワードを入力し、『当社のプライベートポリシーに同意します。』にチェックを入れ、『登録』ボタンをクリックします。

これで簡単登録は完了です。

ログインする

RB2

赤で囲った部分をクリックします。

メールアドレスでログイン

RB5

メールアドレスパスワードを入力しログインします。

プロフィールを作成する

RB6

職種・ポジション・勤務地を選択し『アップデート』をクリックします。

職務経歴書をアップロードする

RB7

赤で囲った部分をクリックし職務経歴書をアップロードします。

外資系企業が大半なのでまだ英文レジュメを持っていない人は、作成しておきましょう。

RB8

職務経歴書がアップロードされました。

シャイン
シャイン
僕は英文レジュメと職務経歴書の両方をアップロードしました。

ロバートウォルターズの求人を見てみよう

RB9

求人応募』からRobert Waltersが持っている求人を見ることができます。

自分の希望にマッチする求人があるか、ザっと見てみましょう。

シャイン
シャイン
ちなみに僕の場合エージェントが持つ企業とのコネクションを最大限活かしたいので、自分では応募せずエージェントが非公開求人を紹介してくれるのを待つスタイルです 。

 

無料会員登録

海外駐在終了後にロバートウォルターズを使ってみた感想まとめ

RB13

語学力を活かして外資系や日系グローバル求人に強いロバートウォルターズを使えば、ハイクラス転職へのチャンスが広がります。

ロバートウォルターズを使ってみた感想
  1. 海外駐在後の転職活動
    • 帰任後にロバートウォルターズを活用
    • ロバートウォルターズは尖っている
  2. ロバートウォルターズの特徴
    • 外資系や日系グローバルの求人に強い
    • 世界31ヵ国で人材ビジネスを展開
    • 業界で30年以上の歴史がある老舗
    • 数多くの賞を受賞している優良企業
  3. ロバートウォルターズのメリット
    • 良質な非公開外資系求人を多数抱えている
    • 語学力を活かして年収アップが狙える
    • コンサルタントが優秀
  4. ロバートウォルターズのデメリット
    • ビジネスレベルの英語力が要求される
    • コンサルタントとのやり取りは全て英語
    • 紹介される求人にも英語が必要

僕が勤めている会社は、別にブラック企業ではないし、やりがいのある仕事をさせてもらっています。

シャイン
シャイン
待遇はちょっと・・・アレですが・・・。

なので『今の会社辞めたい』とか『すぐに転職したい』という訳ではないんですよね。

ただ世の中に転がっている色んな可能性を見てみたい、もし自分にとって有益なチャンスがあれば掴みたいと考えているんです。

そんな中ロバートウォルターズとやり取りする機会に恵まれ、今まで見たことのない求人に触れることができました。

またコンサルタントとのやり取りが、初めから終わりまで全て英語というのも斬新でしたwww。

良い歳こいて『何事も経験することが大事』ということを改めて身をもって学びましたね。

ビジネスレベルの英語力がありグローバル求人で年収を上げたいという人は是非ロバートウォルターズに登録してみて下さい。

シャイン
シャイン
きっと尖った求人を紹介してくれると思いますよ。

ロバートウォルターズを通しての転職活動の経過は、また別の機会に記事にしたいと思います。

この記事が読者さんのお役に立てばメッチャうれしいです。

 

無料会員登録

 

【人気記事】【海外駐在後の転職活動】グローバル企業向け転職サービスのレビュー

【人気記事】【元アメリカ駐在員によるレビュー・比較・感想】各社オンライン英会話のレッスンを受けてみた

ABOUT ME
Shine
Shine
アメリカ駐在を7年経験した後、現在は事業企画部門の管理職として働く40代の会社員です。海外営業や海外駐在員として働いて得た経験やスキルを発信します。多くの読者さんに海外ビジネスのことを知ってもらいたいです。