キャリア

会社員が生き残る為の戦略

Survival

会社員戦略の管理人Shine(シャイン)です。

名だたる大手上場企業も「終身雇用はもう無理」、45歳以上を早期退職 = リストラするという時代になりました。

 

TOYOTA

引用Yahooニュース


こんなこと巷では10年以上前から言われていたことですし、今更驚くことではありませんが、実際にニュースや新聞なので取り上げられると身近に感じるものです。

僕も40代半ば、明日は我が身です。ただ会社に必要とされる人はリストラ対象とならないでしょうし、仮にリストラされてもスキルの高い人であれば、すぐに”次”が見つかるはずです。

このサイトでは、会社員(サラリーマン)にとって厳しい時代をどのようにすれば乗り切れるか?を軸に会社員(サラリーマン)として生き残る為の戦略について発信します。

昔のように死ぬ気で長時間働けば、明るい未来が見えてくるなどということは、今の時代にはありません。

会社員(サラリーマン)として生き残る為にはどうすれば良いか?どんなスキルが必要か?どのような戦略を立て実行すれば良いか一緒に考えましょう!

軽い気持ちで末永くお付き合い頂ければと思います。

会社員(サラリーマン) = オワコン?

owakon

シャチョウ
シャチョウ
会社員(サラリーマン)はオワコンだ。
シャイン
シャイン
そんなこと言ったら殆どの人がオワコンじゃないですか!

最近「会社員(サラリーマン)はオワコンだ。」と言った意見を良く聞きます。

ちょっと待って下さい。僕を含む大多数の凡人は会社に勤め、毎月一定の給与を得るという生き方をしています。

会社員(サラリーマン) = オワコンって言われても他にお金を稼ぐ術が無いから会社勤めしてるんです。

日本の会社員(サラリーマン)やる気なし?

Low_performance

どうして会社員(サラリーマン)はオワコンと言われてしまうのか?

少し古いですがギャラップ誌が2017年に行った会社員(サラリーマン)の意識調査の結果を見てましょう。

  • 日本の熱意ある社員6%のみ
  • 調査した国139か国中132位
  • 周囲に不満をまき散らしている無気力な社員24%
  • やる気のない社員70%

引用:ギャラップ

やる気のない社員70%は驚きですね。これでは会社員(サラリーマン) = オワコンと言われてもしょうがないかもしれません。日本の会社大丈夫かしら・・・。

大半がやる気なし = チャンス

Japanese_Survey

パイチャートで見るとよく判りますが、日本人サラリーマンで熱意をもって仕事している人は全体の6%しかいません。あとの94%は仕事に情熱を注いでいないことになりますねぇ。

周りに流されず自己啓発

Beer_Party

会社員(サラリーマン)は、一生懸命働こうが、サボろうが毎月給料はもらえるので、やる気のない社員が多いのは納得です。

だけどこれはチャンスですよ。頭を使って周りの人より少しずつ努力を積み重ねれば、一歩も二歩も先をイケるわけですから。

だけど会社員生活には誘惑がたくさんあります。周りのやる気のない上司や同僚に流されることなく、強い意志を持って毎日過ごすことが大事です。

  • 飲み会に誘われても毎回付き合わない
  • 読書を習慣化する
  • 希少性の高いスキルを身に着ける

例えば上記の通り。「こんなの当たり前でしょ」と言われるかもですが、大半の人が頭で分かっていても行動できていません。

ストイックにやると続かないので、毎日少しずつやるだけで十分です。これらを続けることができれば半年後、一年後周りの同僚と大きな差がつくはずです。

生き残る為にスキルを身に着ける

skills

いきなり身もふたもない話で申し訳ないですが、会社員(サラリーマン)生活をのんべんだらりと過ごしていると、お金を稼ぐために必要なスキルは身に着かないです。

上司が優秀とは限らない

指導者である貴方の上司が高いスキルを持ち、部下の育成に積極的な人でスキルを伝授してくれる人であればかなりラッキー。しかしこのケースはレアです。

多くの会社員(サラリーマン)は上位層から指示された業務を言われた通り実行しているだけです。だってこのほうが楽だから。

また業務量がキャパを超えていることが多く、思考停止してひたすらこなすしか無いといったケースも多いです。

Supervisor

思考停止してひたすら業務をこなしてきた人が上司になってしまったら・・・その人から教わることは社内で通用しても一歩会社から外へ出たら通用しないスキルです。

人に頼っていてはダメです、自ら行動しないと。会社に忠誠を誓い、会社や上司から指示されたことだけこなして40代を迎えた人たちがリストラされていますから。

会社の外で通用するスキル

Skill_up

ではどのようなスキルを身に着ければよいのか?答えはシンプルであなたが転職する時にアピールできるスキルを身に着ければよいです。

  • 語学(英語など)
  • PCスキル
  • プログラミング

例えば上記の通りです。これらに限らずエンジニアリングスキルや、営業力、人事のスペシャリストなど、会社の外で通用するスキルをイメージすると良いです。

ただ「高い営業力を持っています。」だと説得力ないので、「3年間で大口新規2社との口座を開設し、担当客先の売上を3倍に伸ばしました。その手法は・・・」と言った具合に言語化できると良いですね。

会社員(サラリーマン)にとって社内営業/政治は避けて通れず、必要なことではありますが、それに注力し過ぎると社外で通用しなくなります。

常に「自分自身を高く売るには?」を考えていると、身に着けるべきスキルが見えてきます。

フリーランスという生き方

free

シャチョウ
シャチョウ
フリーランスいっぱい稼げるらしいね。
シャイン
シャイン
誰でも稼げるわけでは無くそれなりのスキルが必要ですよ。

フリーランスを勧めるWebサイトやブログ記事よく見かけますよね。僕だって自分の好きなことやって稼ぎたいと思いますよ。

腕一本で食っていけますか?

例えば僕がITエンジニアで高いスキルを持っていれば、フリーランスという道を選ぶかもしれません。

だけど僕はド文系でプログラミングスキルのない人間です。今日からフリーランスやりなさいと言われても正直何をしたら良いか分からない。

なので会社という組織に所属し、自分の知識やスキルを会社に提供して対価をもらっています。ぶっちゃけ腕一本で食っていく自信は現段階でありません。

ただし冒頭で述べたように会社に所属していれば安心という時代は終わっています。会社員(サラリーマン)も生き残る為に努力し続ける必要があります。

フリーランスの実態

前述の通りインターネットの世界にはフリーランスをすすめる記事がたくさんあります。ただ現実は甘くなく、みんながみんなやるべきものではないでしょう。

日本のフリーランスに関するデータは以下の通りです。

  • 日本でフリーランスとして働く人は、約1000万人以上
  • 平均報酬は年間約186万円
  • フリーランスの経済規模は年間20.1兆円(2018年)

思ったより多いですね。これらの数字は会社員(サラリーマン)やりながら副業としてフリーランスやっている人も含んでいます。完全フリーランスは400万人弱です。(2018年)

年間186万円じゃ食えないですね。フリーランスで大きく稼ぐには、相当高いスキルとそれをビジネスに活かす戦略が必要ですね。

フリーランスとして働きたい?

僕は別にフリーランスとしての生き方を否定している訳ではないです。むしろスキルと自信があるならどんどんやったほうが良いと思います。

ただし受注しない限り仕事はない、全て自己責任といったリスクを取る覚悟が必要ですよね。僕にはちょっとできないな~、憧れるけど。

フリーランスとして生きていくので、あれば少なくとも下記3項目が必要と考えます。イメージしやすいのは高いスキルを持つITエンジニアでしょうか。

  • 世の中に必要とされる高いスキル
  • 切れ目なく仕事を受注できる幅広い人脈
  • 仕事が無い間凌げる資金力

しばらく会社員として働き、高いITスキルを身に着け、人脈も構築、お金も貯まっている状態であればリスクは高くないでしょう。

今日まで普通に会社員(サラリーマン)やっている人が明日からフリーランスと言われても何をして良いかわかりませんからね。

人生におけるゴール設定

Ocean会社員(サラリーマン)として生き残り、他の人の一歩も二歩も先に行くために努力をするにしても、ゴールが明確でなければ長続きしません。

どこに向かっていくか?

まずはゴールを設定しましょう。多くの人は毎日何となく会社に来て、大量の業務に忙殺され、あっという間に一日が終わるといった生活を送っています。

毎日忙しすぎて将来のことを考えている余裕はないかもしれませんが、一度立ち止まって自分がどこに向かって行くのかを考えるのはとても大事なことです。

  • 何をいつまでに達成するか?(例:35歳で部長)
  • 5年後、10年後、15年後の目標年収(例:5年後1千万)
  • 1年以内に身に着けるスキル(例:英語/プログラミング等)

例えば上記の通りです。いつまでに何をするということを決めないと一生行動にうつせません。また目標と時間軸はエクセル等を使って見える化したほうが良いです。

期日を決めないと先送りしたり最悪の場合放置してしまいます。僕も過去に何度も経験しました・・・。

ゴールにたどりつく為には何をすべきか?

ゴールを設定したら、そこに辿り着くためには何をすべきかを考えなければなりません。ただ忙しい会社員(サラリーマン)にとって一番の課題は時間の確保です。

  1. 毎日2時間語学/プログラミングの勉強をする
  2. 毎日マーケティング戦略本を読む
  3. 新規大口顧客3件と口座開設する

例えばゴールにたどりつく為に上記アクションアイテムを設定したとします。❸は会社での業務なので勤務時間中に頑張れば良いですね。

しかし❶❷は勤務時間以外でこなさなければなりません。会社員(サラリーマン)はお付き合いや残業等で自由に使える時間が限られています。

人間は意志の弱い生き物なので、時間がないことを言い訳にして決めたアクションアイテムを実行しなくなってしまいます。僕も過去そうでした。

会社の業務を出来る限り効率化したり、帰宅途中にカフェに寄る等して自分の時間を捻出しましょう。お金も時間も予め間引いておかないと貯まりません。

ゴール = 成功であれば、飲み会に参加する回数を減らしたり、遊ぶ時間を勉強に回す等工夫して時間を捻出できるはずです。

会社員(サラリーマン)として生き残る為の戦略

Bill大企業に入り定年まで勤め上げ、ガッツリ退職金をもらうという時代は既に終わってしまいました。

会社員(サラリーマン)として生きるにせよ、毎日出勤して与えられたことだけこなすような人は40代で淘汰(降格/リストラ/年収減)されてしまいます。

現代において会社員(サラリーマン)として生き残る為には、それこそフリーランスとしてやっていくくらいの覚悟で生き残る戦略を立て努力し続ける必要があります。

  • 40代会社員要注意、大手でも終身雇用崩壊
  • やる気のない社員に流されず熱意を持って仕事する
  • やる気のない周りに流されず自己啓発
  • 語学、PCスキル等社外で通用するスキルを身に着ける
  • ゴールを設定し、アクションアイテムを決める

これらを実際に実行するのは非常に難しいですし大半の人が挫折します。だけどこれらの会社員戦略を実行できれば会社員(サラリーマン)として成功することができるでしょう。

それでは今回はこのへんで。

ABOUT ME
Shine
Shine
こんにちは、Shine(シャイン)です。 5流大学卒業 → フリーター → 派遣社員 → 正社員営業マンという経歴を経て、現在は米国駐在員として働く40代の会社員です。 私が会社員として生き残る為に、実践してきたノウハウを多くの方と共有したいと思いこのサイトを作りました。