キャリア

【海外駐在後の転職活動】リクルートエージェントを使ってみた感想

ra14

シャイン
シャイン
日系メーカーに勤務しているShine(@Lazy_Kaishine)です。アメリカ駐在を7年経験し、現在は日本で事業企画部門の管理職をやっています。

シャチョウ
シャチョウ
  • 転職して年収を上げたい
  • 語学力を活かして転職したい
  • 現職労働環境がヒドイので転職したい
  • リクルートエージェントはどんな人向けなの?

リクルートエージェントに関する疑問
  • 転職して今より年収を上げたい
  • 語学力を活かして良い会社に転職したい
  • 現職でブラック労働しているので転職したい
  • リクルートエージェントはどんな人向けなの?

今回は業界最大手の転職エージェントである、リクルートエージェントの記事を書きました。

すぐに転職したいという訳ではなかったのですが、選択肢として転職も視野に入れておきたいという思いがありました。

なので海外駐在中から複数の転職サービスに登録し、多くの企業を調べたり各転職エージェントの特色を見てきました。

複数の転職サイト転職エージェントに登録した理由は3つあります。

  • 勤め先が傾くかもしれない
  • いつリストラされるか分からない
  • より良い待遇がゲットできるかもしれない

備えあれば憂いなしですし、転職サービスは無料で使えるので特に損することはないなぁと。

シャイン
シャイン
履歴書、職務経歴書、英文レジュメを作って転職エージェントに登録しておけば後は定期的に更新するだけですしね。

では最後まで是非お付き合いください。

 

 転職支援サービス(無料)

【海外駐在後の転職活動】リクルートエージェント使ってみた感想

ra19

このパートではリクルートエージェントに登録した経緯と、使ってみた感想について解説します。

海外駐在後の転職活動にリクルートエージェントを活用

僕は海外駐在中にリクルートエージェントに登録しました。

先に何となく登録していた他社転職サイト経由で、リクルートエージェントのキャリアコンサルタントからコンタクトがあったんです。

メールでのやり取りを経て電話で面談、海外駐在中は動けないが帰任後に向けて色々な企業を見てみたいと伝えました。

コンサルタントに伝えたこと

  • 動けるのは帰任後
  • 海外系の求人を見てみたい
  • 年収を上げたい

電話面談で一通り希望を伝えた後、メールで職務経歴書等の書類をコンサルタントに送りました。

3日くらいしてからコンサルタントから連絡があり、マイページが開設されました。

大手だけにコンサルタントの数も多いことから、担当者の当たりハズレが大きいイメージを持っていましたが、僕の担当者は対応の良い人でした。

【感想】コンサルタントの対応は丁寧だけど・・・

僕の担当キャリアコンサルタント、レスポンスは早いし対応も非常に丁寧なのですが、良いことばかりではありません。

全部ではないのですが、年収が同じか下がる求人を多く紹介してくるのです。

まあビジネスだし、成果上げないといけないという事情があるのでしょう。

僕は今より良い待遇の求人を求めていたのですが、内定が出やすそうな求人を積極的に紹介しているなという印象を持ちました。

シャチョウ
シャチョウ
ビジネスだから当然と言えば当然。キャリアコンサルタントも手数料稼がないといけないしね。

 転職支援サービス(無料)

リクルートエージェントの特徴

ra15

このパートでは、リクルートエージェントの特徴について解説してきます。

リクルートエージェントの概要

ra1
運営会社名 株式会社リクルート
資本金 3億5千万円
公開求人数 10万件以上
非公開求人数 14万件以上
利用対象者 若い人から中高年まで

リクルートエージェントは・・・もう説明不要だと思いますけど、株式会社リクルートが運営する転職サービスです。

他社を圧倒する求人数とそのブランド力を武器に、転職を考える人は誰もが登録する転職エージェントです。

ザ・転職エージェントですので、何も考えずとりあえずココだけは登録しておいて下さい。

シャチョウ
シャチョウ
まさにキング・オブ・転職エージェントだね。

リクルートエージェントはオールマイティ

リクルートエージェントは、すぐにでも転職したい人、又モヤっと転職を考えている人等、幅広い層におすすめできる転職エージェントです。

転職エージェントによって得意分野があったりするのですが、リクルートエージェントはなんといっても最大手。

取り扱っている求人数が他社と比べて群を抜いているので、幅広い層にマッチする求人が見つかります。

シャチョウ
シャチョウ
まさにオールマイティ、とりあえずココ登録しとけって感じだね。

リクルートエージェントは海外駐在経験者におすすめ

リクルートエージェントは、海外駐在経験者にもおすすめできる転職エージェントです。

🌎求人の母数自体が大きいので、語学力を必要とする海外系や海外駐在の求人を数多く取り扱っています。

ちなみに僕についてくれた担当者は、海外駐在求人を得意とする人で海外勤務求人を中心に紹介してくれました。

まあコロナ禍で海外駐在求人の数が少なくなりましたけど・・・。

リクルートエージェントは管理職経験者におすすめ

リクルートエージェントは、管理職経験者も登録しておくべき転職エージェントでしょう。

ハイキャリア求人には、ビズリーチキャリアカーバーの方が強いのですが、リクルートエージェント独自の求人もありますので。

シャイン
シャイン
ハイキャリア転職を狙う人は、リクルートエージェントと合わせて下記のサービスも登録しておくと良いですよ。
ハイキャリア向け転職サービス
シャイン
シャイン
ハイクラス転職エージェントの記事も書いていますので、良かったら読んでみてください。
JAC30
【海外駐在後の転職活動】JACリクルートメントを使ってみた感想『語学力を活かして転職したい』『海外営業・海外駐在の経験を活かして転職したい』『マネジメント経験を活かして転職したい』『JACリクルートメントはどんな人向けなの?』これらの悩みを解決する記事を書きました。語学・海外駐在経験・マネジメント経験を活かした転職に興味がある会社員の方に読んでもらいたいです。...
car29
【海外駐在後の転職活動】キャリアカーバーを使ってみた感想『キャリアカーバーはどんな人向けのサービス?』『無料で使えるハイクラス転職サービスを探している』『マネジメント経験を活かして転職したい』『海外営業や海外駐在経験を活かして転職したい』これらの悩みを解決する記事です。海外ビジネス経験やマネジメント経験のある人で、無料で使えるハイクラス転職サービスを探している人に読んでもらいたいです。...

リクルートエージェントのメリット・デメリット

ra17

このパートでは、リクルートエージェントを使うメリット・デメリットについて解説します。

リクルートエージェントを使うメリット

リクルートエージェントを使うメリットは、4つあります。

メリット
  • 圧倒的な求人数
  • 圧倒的なブランド力
  • 圧倒的な転職成功実績
  • 幅広い年齢層に対応

言うまでもないですが、リクルートは誰もが知っている会社なので、取引している会社の数も圧倒的です。

なので公開・非公開ともに求人数が他社と比べて圧倒的に多いんですよね。

リクルートエージェント 約24万件
DODA 約10万件

上記の通り業界2位のDODAの2倍以上の求人数です。

シャチョウ
シャチョウ
リクルートエージェントは、とりあえず登録しておく転職エージェントだよ。

求人の母数が多いので、自然と転職成功例が圧倒的に多いですし、利用者の年齢層も幅広くなります。

その圧倒的な求人数を武器に幅広い業界職種にも対応しているので、リクルートエージェントに登録しない理由はないでしょう。

 

 転職支援サービス(無料)

 

リクルートエージェントを使うデメリット

リクルートエージェントは無料で有益なサービスが利用できるので、メリットの方が多いのですが敢えてデメリットを挙げるなら下記です。

デメリット
  • 担当者の対応の質にバラつきがある
  • 年収据え置きや下がる求人も紹介される
  • 時間が経つと相手にされなくなる

僕が実際にリクルートエージェントを使ってみて一番気になったのは、現職よりも待遇が劣る求人が普通に紹介されることです。

シャイン
シャイン
まあそういう場合はガン無視ですけど・・・

エージェントビジネスとしてサービスを提供しているので、内定のハードルが低い求人を紹介したがる気持ちは理解できますが。

こういった傾向があるので、僕は担当者から紹介される求人だに頼らず、自分で求人検索をしていました。

シャチョウ
シャチョウ
担当者の質云々もあるけど、圧倒的な求人数はやっぱり魅力だよね。

あと登録してから時間が経過すると担当者から連絡が来なくなります。

リクルートエージェントは最大手だけにクライアントの数も膨大なので、グズグズしていると放置されます。

なので定期的にWEBサイト上の情報をアップデートしたり、担当者と連絡を取り合ったりしておいた方が良いでしょう。

リクルートエージェントに無料登録してみよう

ra18

このパートではリクルートエージェントへの登録から、パーソナルデスクトップ開設までの流れを解説します。

リクルートエージェントへの登録の流れ

まずはリクルートエージェントのWEBサイトへアクセスしてください。

リクルートエージェント登録ページへはコチラから

ra20

転職希望時期希望勤務地職種年収メールアドレスを入力し『同意して次へ』をクリックします。

 

 

ra21

登録したメールアドレスに本人確認用のメールが送られました。

 

 

ra22

リクルートエージェントから送られてきたメールを開き、赤で囲ったURLをクリックします。

 

 

ra23

上の画面が展開されるので、氏名性別生年月日住所電話番号学歴を入力し『次に進む』をクリックします。

 

 

ra24

経験社数現在の就労状況業種勤務先雇用形態在籍期間英語力を入力します。

 

 

ra25

同意して次へ』をクリックします。

 

 

ra26

お疲れさまでした、これで登録作業は完了です。

 

 

ra27

登録したメールアドレスにも、申し込み完了のお知らせがメールで届きます。

 

担当者との面談予約と面談

届いたメールにある通り、キャリアアドバイザーから7日以内に電話かメールで連絡があり、面談のスケジュールを調整します。

📞このご時世なので面談は電話で対面ではなく、電話で行われることが多いです。

シャイン
シャイン
僕も電話面談でした。
面談時に聞かれること
  • これまでの経験
  • 転職したい時期
  • 転職を希望する理由
  • 希望勤務地と希望年収
  • 希望する業界・業種・職種

上記が面談時に聞かれることで、まあ他の転職サービスと同じようなことを聞かれます。

予め履歴書職務経歴書を準備しておくとスムーズでしょう。

 

 転職支援サービス(無料)

 

パーソナルデスクトップ(マイページ)の開設

ra2

キャリアアドバザーとの面談を終えると、数日後に再度リクルートエージェントからメールが届きます。

メールにはパーソナルデスクトップ(マイページのようなもの)にアクセスする為のURLとログイン情報が含まれています。

URLからパーソナルデスクトップへアクセスすると上の画面が展開されるので、個人情報を入力していきます。

パーソナルデスクトップの機能
  • キャリアシート作成
  • 職務経歴書作成
  • 顔写真のアップロード
シャチョウ
シャチョウ
パーソナルデスクトップ上で顔写真入りのキャリアシートと職務経歴が作成できるので便利だよ。

 

 

ra3

レジュメ提出状況』でパーソナルデスクトップの進捗が確認できます。

コンプリートすると100%となりますので、頑張って完了させましょう。

 

 

ra4

まずパーソナルデスクトップで一番キモとなる、キャリアシートを作成していきましょう。

上の画像の青で囲った部分『キャリアシートを記入・提出する』をクリックします。

 

 

ra6

希望勤務地転勤可否趣味家族構成を入力します。

 

 

ra5

記入年月日、氏名、性別、生年月日、メールアドレス、電話番号を入力します。

以降学歴や職歴をサイトに指示に従って入力し『キャリアシートを更新・提出する』をクリックして下さい。

 

 

ra4_1

次にパーソナルデスクトップから『スカウト用追加情報を記入・提出する』をクリックし、詳しい職務経歴を入力していきます。

 

 

ra7

現職、これまで勤めた会社名、経験した職種や実績などを詳しく記入します。

職務経歴書がある人はそれを基に記入すれば良いですし、他社のサービスで入力済の人はそちらの情報を参考にすれば良いでしょう。

職務経歴書が無い人は、良い機会なのでパーソナルデスクトップ上で自分のキャリアを棚卸しすれば良いでしょう。

リクルートエージェントで作成した職務経歴書があれば、他のサービスや自分の転職活動に応用できますよ。

 

 

ra8

キャリアシートに貼る写真をアップロードしましょう。

📷”Choose File“をクリックしアップロードする写真を選択し『写真を提出する』をクリックします。

写真提出後『キャリアシートのプレビューを確認する』からキャリアシートの出来具合を確認してみましょう。

 

 

ra9

職務経歴書をすでに持っている人は、”Choose File“からファイルを選択し『職務経歴書を提出する』をクリックして職務経歴書を提出しましょう。

リクナビNEXTと連携することもできて、リクナビNEXT上で職務経歴書を作成した人はそちらから引っ張ることも可能です。

 

 転職支援サービス(無料)

 

リクルートエージェントの退会方法

ra28

リクルートエージェントを使わなくなった人の為に退会方法を解説します。

まずコチラにアクセスしてください。

上の画面が展開されたら、氏名、登録したメールアドレス、生年月日を入力し『同意して次へ』をクリックします。

 

 

ra29

入力内容の確認画面が展開されるので、内容があっていることを確認して『この内容で送信する』をクリックします。

 

 

ra30

これで退会作業完了です。

 

ra31

退会を申し込むと、登録したメールアドレスに連絡を受け付けたメールが届きます。

その後2営業日以内に、退会が完了したメールが再度と届き、退会のプロセスが完了となります。

 

リクルートエージェントを使ってみた感想まとめ

ra16

この記事では、リクルートエージェントを実際に使ったみた感想について解説しました。

リクルートエージェントを使ってみた感想
  1. リクルートエージェントを使ってみた感想
    • レスポンスは早いし対応は良い
    • ビミョーな求人を紹介されることがある
  2. リクルートエージェントの特徴
    • 幅広い層が使えてオールマイティ
    • 海外駐在経験者にもおすすめ
    • 管理職経験者にもおすすめ
  3. リクルートエージェントを使うメリット
    • 圧倒的な求人数
    • 圧倒的なブランド力
    • 圧倒的な転職成功実績
    • 幅広い年齢層に対応
  4. リクルートエージェントを使うデメリット
    • 対応の質にバラつきがある
    • 待遇が悪くなる求人を紹介されることがある
    • 時間が経つと相手にされなくなる

転職エージェントは、ボランティアではなくビジネスです。

💰彼らは企業に人材を紹介して手数料を得ているので、人材を企業に売り込んでナンボなのです。

なので何でもかんでもコンサルタント任せにせず、WEBサイト上のデータベースで求人を検索するくらい能動的動いた方が良いでしょう。

特にリクルートエージェントは、求人の数がハンパないので担当者が紹介していないお宝求人が見つかるかもしれませんよ。

この記事が読者さんのお役に立てばメッチャうれしいです。

 

 転職支援サービス(無料)

 

【人気記事】【海外駐在後の転職活動】グローバル企業向け転職サービスのレビュー

【人気記事】【元アメリカ駐在員によるレビュー・比較・感想】各社オンライン英会話のレッスンを受けてみた

ABOUT ME
Shine
アメリカ駐在を7年経験した後、現在は事業企画部門の管理職として働く40代の会社員です。海外営業や海外駐在員として働いて得た経験やスキルを発信します。多くの読者さんに海外ビジネスのことを知ってもらいたいです。