キャリア

【海外駐在後の転職活動】マイナビエージェントを使った感想

mn28

シャイン
シャイン
日系メーカーに勤務しているShine(@Lazy_Kaishine)です。アメリカ駐在を7年経験し、現在は日本で事業企画部門の管理職をやっています。

シャチョウ
シャチョウ
  • 無料で丁寧に対応してくれる転職サービスを探している?
  • マイナビエージェントはどんな人向けの転職サービス?

マイナビエージェントに関する疑問
  • 対応が丁寧な転職エージェントを使いたい
  • マイナビエージェントって実際どうなの?

これらの疑問に答える記事です。

転職が当たり前の昨今、転職エージェント転職サイトが無数にあってどれ使ったら良いか迷いますよね。

実際僕も迷ったのですが、考えるのメンドイので有名なの片っ端から登録して、自分に合っているサービスを使うようにしました。

なぜなら転職サービスは無料で使えるし、実際に使ってみないと自分に合っているかもわからないので。

この記事で解説するマイナビエージェントは、僕が登録した転職エージェントの一つで、サポートが手厚いのが特徴です。

シャイン
シャイン
では最後までお付き合いください。

マイナビエージェントを使ったみた感想

pic_d

マイナビエージェントを使ってみたのですが、僕の様な40代のオッサン管理職には向かないというのが率直な感想です。

マイナビエージェントにも、ハイキャリア求人あるにはあるのですが求人数が少ないです。

マイナビエージェントのターゲット層が、20代~30代の転職希望者で40代オッサン管理職ではないからということなのかと。

マイナビエージェントを使った感想
  • 担当者の対応がとても丁寧
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
  • 管理職などのハイキャリア転職には向かない
  • どちらかというと20代から30代向け

メチャクチャ丁寧な対応

マイナビエージェントは、対応がとても丁寧な転職エージェントで、転職活動初心者にとって強い味方です。

特に転職活動に必要不可欠な履歴書や職務経歴書の添削に定評があり、転職に不慣れな人を全力でサポートしてくれます。

実際僕も登録した後、メールが来てエージェントとの面談日を設定と事がスムーズに進みました。

40代のオッサン向きではない!?

サポートの手厚さに定評のあるマイナビエージェントですが、ぶっちゃけ40代でハイキャリアを目指す人には向いていません。

また担当エージェントさんによればコロナ禍ということもあって、海外駐在等の求人も多くは取り扱っていないとのことでした。

なのでマイナビエージェントは、どちらからというと20代~30代で、転職に慣れていない人に寄り添う転職エージェントと言えるでしょう。

40代以上で管理職等のハイキャリア転職を狙う人は、JACリクルートメントビズリーチの方が合っているでしょう。

 

転職支援サービス(無料)

 

マイナビエージェントの特徴

free7

このパートではマイナビエージェントの特徴を解説していきます。

マイナビエージェントの概要

運営会社名 株式会社マイナビエージェント
利用料 無料
利用対象 20代前半から30代前半

マイナビエージェントは、株式会社マイナビエージェントが運営する転職支援サービスです。

幅広い層をカバーしている総合転職サービスですが、20代~30代の転職経験が浅い人に向いていると思います。

マイナビエージェントにしかない独占求人を扱っているのも特徴で、質の高い中小企業ベンチャー企業の独占求人を紹介してくれます。

初めての転職で不安な人や、転職活動に必要な書類作成に的確なアドバイスが欲しい人にとっては登録マストな転職エージェントです。

最初の窓口担当者とキャリアドバイザーが異なる

マイナビエージェントは初回やり取りする窓口担当者と、実際に企業に利用者を紹介する担当者が異なります。

マイナビエージェントの専任キャリアアドバイザーがつくまでの流れは下記の通りです。

【サービスの流れ】

  1. マイナビエージェントに登録すると、まず初回面談を担当する方からメールが来るので、面談希望日を複数添えて返信します。
  2. 窓口担当者と面談、予め送った履歴書や職務経歴書に沿って内容を確認、そして希望業界、業種、年収などを伝えます。
  3. 面談を終えるとマイナビエージェントWEBサイト上のマイページに希望に沿った求人が掲載されます。
  4. マイページ上の求人から応募する求人を窓口担当者に連絡、マイナビエージェントの内部で応募可否を検討し可であれば応募に進みます。
  5. 応募まで進むと専任のキャリアアドバイザーがつきます(つまり窓口交代)。

ちなみにマイページから応募しない場合はサービスがスタートしないそうです。

とりあえずマイページ上に掲載されている求人から、2~3つ応募してみると良いでしょう。

ただし掲載されている全ての求人に応募できるわけではなく、応募の可否はキャリアアドバイザーが決めることになります。

マイナビエージェントに登録してみよう【登録は無料】

mnavi
出展:マイナビエージェント

このパートでは、マイナビエージェントの登録作業を解説します。

マイナビエージェント登録の流れ

ここからは実際の画像を使って、マイナビエージェントの登録作業を見ていきましょう。

 

現在の状況を回答する

mn1

まず、在職中離職中かを選択してください。

 

転職希望時期

mn2

転職希望時期を選択してください。

僕はとりあえず1年以内を選択しました。

 

経験社数

mn3

今まで何社で働いたか選択して下さい。

 

希望勤務地

mn4

希望勤務地を選択してください。

僕は関東と海外を選択しました。

 

勤務先の業種

mn5

現在の勤務先の業種を選択して下さい。

 

勤務先での職種

mn6

現在の勤務先の職種を選択して下さい。

 

性別を選択

mn8

性別を選択してください。

 

生年月日を入力

mn9

生年月日を入力してください。

 

名前を入力

mn10

氏名を入力してください。

 

住所

mn11

現住所を入力してください。

 

電話番号とメールアドレス

mn12

電話番号とメールアドレスを入力してください。

 

最終学歴

mn13

最終学歴を選択して下さい。

mn14

最終学歴の学校名、学部、卒業年月日を入力します。

 

雇用形態

mn15

現在の勤務先での雇用形態を選択します。

 

現在の年収

mn16

現在の勤務先での年収を入力します。

 

現在の勤務先名

mn17

現在の勤務先名勤務期間を入力してください。

 

希望年収

mn18

希望年収を入力します。

僕は現在より10%アップで入力しました。

 

希望職種

mn19

希望職種を選択します。

僕は、現職の職種と同じか近い職種を選択しました。

 

現在の職務内容

mn20

現在の勤務先での職務内容を選択してください。

 

マイナビエージェントにアクセスしたきっかけ

mn21

マイナビエージェントアクセスしたきっかけを選択します。

 

マイナビエージェント登録完了

mn22

 

mn23 mn24

これで登録作業は完了です。

登録したメールアドレスにマイナビエージェント事務局から登録完了のメールが届きます。

5営業日以内にマイナビエージェントの担当者からコンタクトがあるといった内容です。

その後再度メールが届き、エージェントとの電話面談希望日程の返信を求めらるので3つ程度希望日時を伝えましょう。

面談希望日を伝えるとカスタマーサポートからメールで担当者と面談日の連絡がきます。

そのメールに返信する際、履歴書職務経歴書を送っておくと話が早いでしょう。

シャイン
シャイン
登録作業お疲れさまでした!

 

転職支援サービス(無料)

 

マイナビエージェントを使った感想まとめ

jac5

この記事では、総合転職サービスのマイナビエージェントについて解説しました。

マイナビエージェントを使った感想
  1. 丁寧な対応のマイナビエージェント
    • 転職活動に必要な書類を添削
    • 40代のオッサン管理職には向いていない
  2. マイナビエージェントの特徴
    • 優良中小企業に強い
    • 優良ベンチャー企業に強い
  3. マイナビエージェントの登録は無料
    • 登録作業は10分で終了

ぶっちゃけ僕にはマイナビエージェント合いませんでした。

対応自体は素晴らしいのですが、ターゲット層が若い人だったり、転職の経験が浅い人向けだからです。

記事中で書いたように、ハイキャリア海外系の求人を狙う人は他の転職サービスを使った方が良さそうです。

シャイン
シャイン
ただ20代~30代前半で転職活動経験が浅い人には、全力でマイナビエージェントおすすめしますよ!

この記事が読者さんのお役にたてばメッチャ嬉しいです。

 

転職支援サービス(無料)

 

【人気記事】【海外駐在後の転職活動】グローバル企業向け転職サービスのレビュー

【人気記事】【元アメリカ駐在員によるレビュー・比較・感想】各社オンライン英会話のレッスンを受けてみた

ABOUT ME
Shine
Shine
アメリカ駐在を7年経験した後、現在は事業企画部門の管理職として働く40代の会社員です。海外営業や海外駐在員として働いて得た経験やスキルを発信します。多くの読者さんに海外ビジネスのことを知ってもらいたいです。