駐在員の転職

限界会社員による限界転職【Vol.1 フリーターから派遣社員へ】

僕がまだ20代前半の頃、とある会社の面接会場にて・・・

 

面接官
面接官
次の方どうぞ。はいShineさんですね。え~と・・・

 

面接官、僕の履歴書と職務経歴書をサーっと見る。アルバイトしかしたことがないので、履歴書と職務経歴書の中身はメチャクチャ薄い。

 

面接官
面接官
あれ!?君働いたことないやんか。ウチ社会人経験無い人採らんねん。こらアカンわ。かんにんやで。

 

またダメだった。これで何社目だろうか。

 

大学卒業後就職せずアルバイトに明け暮れる

limitedworker2

僕の名はShine、Fラン大学を卒業後、就職せずに2年間アルバイトしながらプラプラしていた。情けない話だが、当時の僕は会社に就職してマジメに働こうという気が無かった

ただのんべんだらりとプラプラするのは親に申し訳ないと思い、空いた時間を使って英語の勉強だけはやっていた。

僕の様なアホでも継続すればそれなりに上達はするもの。就職活動する前にとりあえず英検2級を取得し、TOEICで700点を取った。

 

就職活動を開始するも不採用の連発に絶望する

limitedworker3

いざ就職活動開始。大学卒業後2年間職歴に穴を開けてしまってはいるが、まあなんとかなるだろうと軽く考えていた。

ほどなくして何ともならない現実に絶望する。

まず書類選考が通らない。ウソだろ、2年のブランクがあるとはいえ、僕はまだ20台前半なんだ、どこかに拾ってくれる会社があるはず。

そしてすごくはないが、英検2級を持っていてTOEICで700点を取った。英語出来る人は就職で有利って誰かが言ってたぞ。

しかし現実は甘くなかった。時は就職氷河期、有効求人倍率が低く求職者で溢れかえっていた時代。2年もプラプラしていたヤツを雇う会社等どこにも無かった。

とにかく求人雑誌をめくっては、電話をかけたり履歴書を送ったりを繰り返していた。

当時はインターネットがまだ発達しておらず、求人雑誌を購入して電話をかけたり、履歴書を会社に送るのが主流だった。

 

社会人経験がない

limitedworker4

その内、数社から面接の連絡が入った。いざ面接に臨むと冒頭のセリフの連発だ。

 

面接官
面接官
ん?君働いたことないんやね?ウチ職歴無い人は採らんよ。悪いけど他当たってくれる?

 

面接官
面接官
Shineさんは、社会人経験がないようですね。大変申し訳ありませんが、弊社は即戦力を求めておりますので、今回は採用を見送らせていただきます。

 

ことごとく不採用。不採用食らいすぎて最早悔しさなど1ミリもない。慣れとは恐ろしいものだ。

アルバイトが職歴にならないことくらい知っていたが、就職において社会人経験がそんなに大事だとは知らなんだ。

ヤバい、ヤバいぞ。社会人経験が無いから雇ってもらえないんだったら、僕は一生就職できないぞ。

 

正社員は諦め派遣社員として働き社会人経験を得る

limitedworker5

ん?ちょっと待てよ、派遣社員だったらイケるんじゃないか?そして派遣社員として働けば社会人経験が得られるじゃないか。

そう考えた僕は派遣会社にコンタクトし、早速面談を受けた。

 

銀ブチ
銀ブチ
ふ~ん、ガテン系のバイトばっかりしてたんやね~。根性ありそうやな。よしOK、明後日一緒に派遣先へあいさつしに行こか。

 

銀ブチ眼鏡にオールバックのオッサン、メッチャ胡散臭い。根性ありそうだからOKか、ココ大丈夫か?とはいえ社会人経験の無い僕に選択肢など無い。

早速派遣先を紹介してもらえるようなので良しとしよう。何やら出向先では貿易関係の仕事をするらしい。

2日後、銀ブチオールバックと一緒に派遣先へ向かった。僕の他に3人の求職者が居た。20代の人が1名、30台が1名、40台が1名。職探しに苦労しているのは僕だけでは無さそうだ。

 

派遣先の部長と面談

銀ブチオールバックに連れられ中規模の会議室に通された。待つこと5分、派遣先の部長が会議室に入ってきた。

早速銀ブチオールバックが、全員との面談を済ませ全員すぐにでも働けることを派遣先の部長に伝えた。

派遣先部長が全員の履歴書にサッと目を通した後に言った。

 

派遣先部長
派遣先部長
はい、全員問題無さそうですね。忙しくなりますよ。来週からよろしく頼みますね~

 

ん?僕たち一言も発していないが、これでOKなのか?派遣先から銀ブチが信頼されているということか?まあ良い、これで働ける。これで社会人経験が得られる。

一緒に来ていた他の求職者と軽く会話を交わしながら僕たちは帰路についた。

その夜僕は職に就ける喜びを噛みしめていた。派遣社員とはいえやっと社会人として働き、社会人経験が得られるのだから。

それまでガテン系のバイトばかりしていた僕からすると、オフィスワークはキラキラのイメージしかなくメチャクチャ浮かれていた。

しかしこの時点では誰も知らなかった。翌週、派遣先で実際に働き始めて、そのキラキラしたイメージが木っ端みじんに粉砕されてしまうことを。

そして同時に銀ブチオールバックや派遣先が、なぜ僕たちの様なド素人の求職者を受け入れていたのかが明らかになる。

時は就職氷河期、大したスキルを持っていないド素人を、サクッと雇ってくれる会社がまともな訳ないのである。

 

派遣先は超体育会系ブラック物流企業『なにわエクスプレス』

limitedwork7

派遣先は『なにわエクスプレス』という、国際物流業界では中堅規模のフォワーダーだ。

条件は良くないが全ては社会人経験の為

勤務地は辺鄙な場所にあるので、通勤に片道2時間弱かかる。そして派遣社員なので月給ではなく時給だ。

💰ちなみに時給は1,200円社会保険完備有給休暇もあるし、交通費は全額支給してくれる。

ただし賞与はないし、先に入った人の話によると昇給も無さそうだ。

通勤距離は遠いし、条件も良いとは言えないが贅沢は言ってられない。とりあえず仕事頑張って社会人経験を積もう。

時給 1,200円
社会保険 完備
交通費 全額支給
有給休暇 有り
賞与 無し
昇給 噂では無し

 

衝撃のなにわエクスプレス勤務初日

🚊2時間弱電車に揺られて職場に到着。オフィスの中にいる人に声をかけた。

 

シャイン
シャイン
あの~今日からこちらでお世話になるShineです。よろしくお願いします。
事務員さん
事務員さん
あ~ハイハイ、派遣さんね。これ制服ね、ソコの更衣室で着替えて。終わったら声掛けてな。

 

なるほど、せっかくスーツできたのだが制服があるのか。周りの人皆私服で通勤しているな。僕も明日から私服で通勤しよう。

制服に着替え先ほどの人に声を掛けると、僕が使うデスクに案内してくれた。

初日なので早めに出社したのだが、僕の周りの人は既に業務に取り掛かっていた。仕事熱心な人達だな。

 

シャイン
シャイン
今日からお世話になるShineです。よろしくお願いします。

 

かるく挨拶すると、みなさん笑顔で応えてくれた。皆良い人そうだ、まずは安心。

始業時間の朝9時になると従業員が一ヵ所に集まりだした。毎朝朝礼をやるようだ。

 

坂田所長
坂田所長
今日の朝礼当番は高橋
高橋さん
高橋さん
はいっ

 

なんだ?朝礼って連絡事項なんかを共有すると思っていたが違うのか?

 

高橋さん
高橋さん
おはようございますっ
全員
全員
おはようございますっ

 

絶叫してるぞ・・・

 

高橋さん
高橋さん
いらっしゃいませっ
全員
全員
いらっしゃいませっ

 

サービス業でも無いのになぜ『いらっしゃいませ』なんだ。ここは辺鄙な場所にあるオフィスで来客はほとんどないはずだ。

 

高橋さん
高橋さん
なにわエクスプレス株式会社は~
全員
全員
なにわエクスプレス株式会社は~
高橋さん
高橋さん
ひと~つ、顧客第一主義に則り~
全員
全員
ひと~つ、顧客第一主義に則り~
坂田所長
坂田所長
声が小さい、そんな声じゃあ斎藤会長がお怒りになるぞ。気合が足りん。やり直しや。

 

斎藤会長とは壁にかけてある肖像画の方のようだ。皆斎藤会長の肖像画に向けて絶叫していたのですぐに分かった。

しかし、朝からなんなんだこれは。貿易の業務を扱うオフィスワーカーに絶叫させる意味なんてないだろ。

銀ブチオールバックが『根性ありそうやな』と言っていたのは、こういうのに耐性がありそうだということか。

 

気合と根性とパワーハラスメント

blackcompany

なにわエクスプレスで重視されるのは気合と根性だ。返事する時も大きな声を出すと評価される。

 

入っては辞める派遣社員

なにわエクスプレスで働き始めて1週間後、同時期に入った派遣社員が会社に来なくなった。体育会系が合わず辞めたようだ。

 

事務員さん
事務員さん
またかいな。すぐ辞めるなぁ。
シャイン
シャイン
結構離職率高いんですか?
事務員さん
事務員さん
派遣さんはバンバン辞めるねぇ。社風があんな感じやからねぇ。アンタは続きそうやね。
シャイン
シャイン
でも給料安いとは言え派遣の人ド素人ばかりなんですけど、こんなんで大丈夫なんです?
事務員さん
事務員さん
ウチの会社ケチやから敢えて激安派遣会社使ってんねん。だからポンコツ多いし、すぐ辞める・・・

 

色々教えてもらってありがたかったが、聞きたくない情報まで聞いてしまったな・・・。

まあ、社会人経験が無くてバイトばかりしていた僕をすんなり雇う時点でマトモな会社ではないわな。

 

本社にいる営業課長の洗礼を受ける

ある日本社にいる営業課長の鈴木さんから僕宛に電話がかかってきた。

鈴木課長
鈴木課長
おい、お客さんから東南アジア向けの大口受注したからな。明後日までに届くれてくれよ。

輸出するには、搬入して通関しないといけないので、明後日に届けるなんて無理だ。まだここに荷物ないし。

鈴木課長
鈴木課長
お前、ゼッタイ明後日までに届けろよ。届けへんかったらわかってるやろなぁ!?そっち行くからなぁ。命ないと思えよ。

ゼッタイ届かんぞ。しかもなぜ荷物が届かないだけで殺されなきゃならないんだ。エライとこ来てしもた・・・。

上司に相談すると『あ~アレは挨拶みたいなもんや。鈴木さん口悪いけど人殺したりせーへんから大丈夫や』

当たり前だろ。ひを殺したりはしないが、殴る蹴るはするということじゃないのか?マジでヤバい。逃げよう

Shineは転職活動を開始した。

 

ABOUT ME
Shine
アメリカ駐在を7年経験した後、現在は事業企画部門の管理職として働く40代の会社員です。海外営業や海外駐在員として働いて得た経験やスキルを発信します。多くの読者さんに海外ビジネスのことを知ってもらいたいです。