ガジェット

頑丈なケースでipadを衝撃から守ろう【もう出先でiPadを壊しません】

ipad_case_ic
シャイン
シャイン
日系メーカーに勤務しているShine(@Lazy_Kaishine)です。アメリカ駐在を7年経験し、現在は日本でマーケティング部門の管理職をやっています。
シャチョウ
シャチョウ
  • 出張中にバッグの中に入れているiPadが壊れないか不安
  • イベント等外で使うことが多いiPadを衝撃から守りたい
iPadにおける出先での不安
  • 出張中にバッグの中に入れているiPadが壊れないか心配
  • 展示会等で使うことが多いiPadを衝撃から守りたい

これらの悩みに答える記事です。

💼カバンの中にiPadを入れていると移動中に、壊れないか心配になることありますよね。

その心配から解放してくれる良いiPad用ケースがあるんですよ。

今回は出張やイベント等出先でiPadを使うことが多い僕が、衝撃からiPadを守ってくれる商品を紹介します。

頑丈なケースでiPadを衝撃から守ろう

ipad case (3)

ちょっとした調べものからメール送受信まで、iPadはビジネスシーンで大活躍してくれます。

展示会出展中や出張の道中でiPadが壊れないか不安

僕の場合展示会なんかで勤め先がブースを出展する際、自社の商品動画をiPadで流すといった使い方をします。

ただ展示会に参加したり、出張に行くときってiPad壊れないか心配になるんですよ。

展示会は不特定多数の人が、iPadに触れる上に床に落とされたりもしますし。

🛫またアメリカの出張は飛行機で長距離を移動するので、道中バッグが衝撃を受けることが多いんです。

僕がこういった不安を解消する為に購入したのが、SUPCASEです。

SUPCASEはiPadを衝撃から守ってくれるiPad用ケース

ipad case (7)

SUPCASEのスゴイ所はiPadの利便性を保ちながら、iPadを衝撃からしっかり守るというところです。

SUPCASEはiPadの使い勝手を維持しつつガッチリ保護

ipad case (6)

SUPCASEはiPadの全面を包み込むようにして衝撃からiPadを守ります。

それでいてすべてのポート、センサー、スピーカー、カメラの部分は正確にカットされているので、iPadの全ての機能きアクセスできます。

シャチョウ
シャチョウ
見るからに頑丈そうだな!

SUPCASEは全面保護でフロントフィルム付

ipad case (8)

SUPCASEは側面や角に緩衝バンパーがあり衝突を最小限に止めiPadの全面を保護してくれます。

またフロントフィルムとケースが一体となっているので画面も保護してくれます。

僕はフロントフィルムのペラペラ感があまり好きではないので、フィルムをはがして別途硬いスクリーンプロテクタを付けました。

SUPCASEはスタンド式設計

ipad case (5)

SUPCASEは背面にスタンドが収納されています。

このスタンドを手前に引き出すことにより、iPadを横向きにして立たせることができます。

WEBで調べものをする時や動画を視聴する時に非常に便利です。

シャイン
シャイン
僕はiPadを横向きに立て、Bluetoothのキーボードを繋いでメール書く等仕事でも使っています。


耐衝撃iPadケースSUPCASEのメリット・デメリット

ipad case (1)

このパートではSUPCASEメリット・デメリットを見ていきましょう。

SUPCASEのメリット

SUPCASEの一番のメリットは、様々な衝撃からiPadを守ってくれることです。

僕は何度かiPadを落下させたことがありますが、今のところ動作に全く問題がないです。

シャイン
シャイン
もちろん落とさないにこしたことはないですよ。

出張中カバンの中でオシクラマンジュウ状態になり、他の持ち物とぶつかり合ったりもしていますが全く問題なし。

SUPCASEiPadに装着するとそれくらいiPadが頑丈になるんです。

SUPCASEを使うメリット
  1. iPadを衝撃から守ってくれる
  2. iPadを横向きにして立たせることができる
  3. 画面が覆い隠されないので利便性が高い
  4. 同様の商品と比べて安価

衝撃から守ってくれる以外にも、❷や❸のようなメリットがあります。

❷ですが、iPadが横向きになって立つと動画を視聴する時に便利なんですよ。

僕はiPadを使ってYouTubeNetflixをよく観るのでかなり重宝しています。

またiPadを横に立てた状態でキーボードをBluetoothで繋げば、メールのやり取り等ちょっと仕事が出来てしまいます。

❸についてですけど、個人的に画面を覆うiPadケースが好きではないんです。

画面を覆うタイプのケースの場合、iPadを使う時にイチイチ開ける必要があるじゃないですか。

SUPCASEだと画面は覆われていないので、カバンから取り出してすぐに使えます。

シャチョウ
シャチョウ
面倒くさがりなワタシもiPadの画面が覆われるのはイヤだな 

❹について、Amazonなんかで調べてみると頑丈なiPadケースは、6,000 – 7,000円と結構良い値段します。

同様の商品の中でSUPCASEは、比較的リーズナブルな価格設定になっています。

SUPCASEのデメリット

SUPCASEのデメリットを一言でいうとiPadのスタイリッシュなデザインをぶっ壊してしまうことです。

【SUPCASEのデメリット】

  1. 頑丈な代わりにとにかくゴツい
  2. ケース自体が重い
  3. ケースが分厚いのでかさばる

頑丈なヨロイでiPadを守ってくれるということは、それだけケースがゴツくて重いということです。

すなわちスタイリッシュで薄くて軽いiPadの特性を台無しにしてしまいます。

とは言え誰もが一番避けたいのは、iPadが壊れることだと思います。

シャイン
シャイン
どうせiPadにケースを着けるのであれば、頑丈なケースを装着すれば良いやん!というのが僕の考えです。

ケースをつけずスタイリッシュにiPadを使うのか、はたまたヨロイで衝撃からガッチリ守るのか、こればっかりは好みだと思います。

耐衝撃iPadケース【SUPCASE】のラインアップを見てみよう

iPadといえど多くの種類があるので各種iPadに対応しているSUPCASEを見ていきましょう。

SUPCASE iPad Mini5 ケース 2019


商品サイズ 21 x 14.5 x 1.5cm
カラー 9種類から選択
画面サイズ 7.9インチ

 

SUPCASE iPad 9.7ケース 2017/ 2018


商品サイズ 25 x 18 x 1.8cm
カラー 9種類から選択
画面サイズ 9.7インチ

 

SUPCASE iPad 10.2 ケース 2019


商品サイズ 26 x 18.5 x 1.8cm
カラー 9種類から選択
画面サイズ 10.2

 

SUPCASE iPadPro 11 ケース 2018


商品サイズ 26 x 19 x 1.5cm
カラー 9種類から選択
画面サイズ 11インチ

 

SUPCASE iPadPro 11.0 ケース 2020


商品サイズ 26 x 19 x 1.5cm
カラー 9種類から選択
画面サイズ 11インチ

 

SUPCASE iPadPro 12.9 ケース 2018


商品サイズ 28 x 22.5 x 1.5cm
カラー 9種類から選択
画面サイズ 12.9インチ

 

SUPCASE iPadPro 12.9 ケース 2020


商品サイズ 28 x 22.5 x 1.5cm
カラー 9種類から選択
画面サイズ 12.9インチ

 

衝撃からipadを守るケースSUPCASEまとめ

頑丈なケースでipadを衝撃から守ろう【もう出先でiPadを壊しません】

SUPCASEがあれば、出張中や出先でiPadが壊れる不安から解放されます。

iPadケースSUPCASEまとめ
  1. 頑丈なケースで衝撃からiPadを守ろう
    • SUPCASEがあれば出張の道中も安心
  2. SUPCASEはiPadを衝撃から守ってくれるiPad用ケース
    • SUPCASEはiPadの使い勝手を維持しつつガッチリ保護
    • SUPCASEは全面保護でフロントフィルム付
    • SUPCASEはスタンド式設計
  3. SUPCASEのメリット・デメリット
    • iPadを衝撃から守ってくれる
    • iPadを横向きに立てて動画視聴
    • この手の商品の中では安価
    • ゴツい・重い・分厚い
  4. SUPCASEのラインアップ
    • 2018年モデルから2020年モデルまで

SUPCASEは僕のように、出張が多くて出先でiPadを使う機会が多い人におすすめです。

逆に日常生活でiPadを使っているだけの人には、SUPCASEの様な頑丈なケース必要ないでしょう。

世の中にはiPad用のケースが無数にあるので、自分の用途に合ったケースを手に入れてもらうのが一番だと思います。

この記事が読者さんの参考になったら嬉しいです。


















ABOUT ME
Shine
Shine
アメリカ駐在を7年経験した後、現在はマーケティング部門の管理職として働く40代の会社員です。海外営業や海外駐在員として働いて得た経験やスキルを発信します。多くの読者さんに海外ビジネスのことを知ってもらいたいです。