海外駐在

海外駐在のメリット・デメリット【結局のところ人によります】

expat_great1

シャイン
シャイン
日系メーカーに勤務しているShine(@Lazy_Kaishine)です。アメリカ駐在を7年経験し、現在は日本で事業企画部門の管理職をやっています。

シャチョウ
シャチョウ
  • 海外駐在すると何か良いことあるの?
  • 海外駐在のデメリットが知りたい

海外駐在のメリット・デメリットに関する疑問
  • 海外駐在のメリットは何?
  • 海外駐在するデメリットは何?

海外駐在のメリット・デメリットについての記事を書きました。

勤め人であれば、一度は海外で働いてみたいな~なんて考えたことある人多いのではないでしょうか?

僕もその一人で若い頃からいつか海外で働いてみたいと考えていました。

🌎紆余曲折ありましたが、僕はアメリカで海外駐在員として働く機会に恵まれ、7年間アメリカの現地法人に勤務しました。

今回は僕が感じた海外駐在のメリットとデメリットを、実体験を基に解説したいと思いますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

海外駐在のメリット・デメリット

expat_great5普通のサラリーマンが会社のサポートを受けて海外勤務が実現できる海外駐在、良いイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

💰はい、給料は多くもらえるし、家賃は会社が負担してくれるので良いことはたくさんありますよ。

でも良いことばかりではないんですよ、海外駐在にはデメリットもあるんです。

結局のところ人によります

海外駐在をするにあたり、メリットが大きいと考えるか、デメリットの方が大きいと考えるかは、結局のところ人によります。

海外なんて行きたくないのに海外駐在させられる人にとって、海外駐在デメリットしかないでしょう。

🌎一方海外で働きたい考えている人にとって海外駐在は、メリットだらけと感じるはずです。

僕は後者で海外駐在を希望していて、海外で働いた人間です。

赴任国もアメリカだったので、かなりラッキーでしたし明らかにメリットの方が多かったです。

シャイン
シャイン
あっ、もちろんデメリットもありましたよ。

とまあ僕の主観で書くと『メリットだらけ』みたいな記事になっちゃうので、以降公平な立場で海外駐在のメリット・デメリットを綴っていきます。

海外駐在のメリット

expat_great2

このパートでは海外駐在のメリットについて解説します。

💰海外駐在員として働くと収入が増えるというイメージがありますが、実は収入増だけがメリットではないんです。

日本にいる時より待遇が良くなる

💰まずは一番気になる海外駐在員の待遇から解説します。

海外駐在員の給料には様々な手当がつき、赴任地における家賃は会社負担となるので、日本で働いている時と比べて給料が1.5倍~1.8倍程度増えます。

海外駐在員の手当
  • 家賃会社負担
  • 医療保険補助
  • 子女の教育費用
  • 一時帰国費用会社負担

ただ物価が高い地域に駐在する場合は、その分出ていくお金も増えるので思ったほどお金が貯まりません・・・。

物価が高い欧米はお金が貯まりにくく東南アジアはお金が貯まりやすいという印象です。

シャチョウ
シャチョウ
海外駐在員の待遇は会社によって良かったり悪かったりするよ。大手企業ほど手厚い傾向にあるよ。

過去に海外駐在員の待遇についての記事も書いていますので、良かったらこちらの記事も読んでみてください。

salary_expat
海外駐在員の給料事情【海外に駐在しても家は建ちません】『海外勤務すると給料いっぱいもらえるの?』、『海外駐在員の給料体系は?』、『海外駐在するとどんな手当がつくの?』これらの疑問に答える記事です。海外勤務に興味がある方や海外駐在員として働きたいという方に読んでもらいたいです。...

役職が上がり仕事のやりがいが増す

海外駐在員は海外にある現地法人や工場の、マネジメントを任されるケースが多いです。

例えば僕が勤める会社の場合、海外現地法人で働く駐在員は1名のみで、駐在員は現地法人の責任者として働きます。

工場には複数名の海外駐在員が勤務していますが、駐在員は全員管理職として現地職員のマネジメントを任されています。

海外駐在員の役割
  • 海外現法の責任者
  • 海外工場の管理職

日本ではヒラ社員だった人が、海外現法で責任が重く裁量権が大きいポジションを任されるわけです。

これはやりがいが増しますし、俄然モチベーションが上がります。

シャイン
シャイン
責任は重くなり業務負担も増えますが、その分すごくやりがいありますよ。

まあ裁量権の大きさも会社によりけりで、例えば大企業で海外現法にも海外駐在員が多くいるような会社の場合は、プレイヤーとして働くケースもあり得ます。

語学力が伸びる

海外駐在すると語学力が大幅に伸びます。(伸びるはずです・・・)

はず』と付け加えたのは、環境と本人の意識によるからです。

例えば僕は海外駐在する前からある程度英語が出来たのですが、アメリカに駐在してから語学力が伸びました。

なぜなら、仕事、生活、娯楽全てのシーンにおいて英語を使うからです。

赴任先の環境
  • 職場は僕以外全員アメリカ人
  • 取引先もアメリカ人
  • スーパーや病院で英語を使う
  • 映画館やテーマパークで英語を使う

🌎上記の通り海外駐在すると日本にいる時とは比べ物にならないくらい、外国語を使う機会が激増します。

シャチョウ
シャチョウ
仕事や生活を通じて多くの表現を身体で覚えることになるので、そりゃあ語学力伸びるわなって感じだね。

ただし例外もあって、外国語を使わなくても何とかなってしまう環境にいる場合は、語学力は伸びないです。

例えば下記の様な環境にいる場合、英語ができる日本人の人が助けてくれるので別に言葉ができなくても何とかなってしまいます。

  • 日本人が多くいるエリアに住んでいる
  • 海外現法や工場に多くの駐在員が働いている

会社で同僚駐在員と日本語で話し、日常生活において言語で困ったら周りの日本人に助けてもらうとなると英語を話す機会が極端に少なくなります。

とは言え海外駐在は、語学力を伸ばすには最高の環境ですので、この機会を活かして語学力を伸ばした方が良いです。

いや、でもガイジンと喋るのおっくう・・・』という人はオンライン英会話などを活用して、英語慣れしましょう。

オンライン英会話で練習、仕事や生活で実戦という流れをルーティンにすれば、確実に力を付けられますよ。

オンライン英会話レッスン回数無制限の『ネイティブキャンプ』がおすすめです。

過去に『ネイティブキャンプ』の記事も書いていますので、興味のある方は是非読んでみて下さい。

nv6
ネイティブキャンプはひどい?【いえ、最高なので僕は課金しています】 今回はメジャーなオンライン英会話の一つである、ネイティブキャンプの記事を書きました。 僕はネイティブキャンプに課...

海外畑のキャリアを構築できる

🌎一度海外駐在を経験した人は、大抵の場合帰任後も海外のビジネスに携わることになります。

また数年日本で勤務してから、再度海外駐在といったケースも多々あります。

なぜなら日系企業には、海外ビジネスを遂行できる人材が不足しているからです。

例えば僕の勤め先の場合、海外駐在から帰任したほとんどの人達は、海外営業海外マーケ部門で働いています。

そして何年か経つと再度海外赴任するといったパターンです。

海外駐在後のキャリア
  • 海外営業/マーケ部門で働く
  • 再度海外駐在

海外駐在した後で日本の国内営業所で働くといったケースは非常にレアです。

🛫海外畑のキャリアを歩んでいきたい人にとって、海外駐在経験は間違いなく大きな武器となりえますよ。

職務経歴書がパワーアップする

海外駐在すると職務経歴書の中身が濃くなります。

なぜなら業務で外国語を使って、チームをマネジメントするという経験は、海外駐在でもしない限りできないからです。

海外駐在中に得たスキルや経験した業務を職務経歴書に記載すれば、転職活動する際にスキルセットをアピールすることができます。

職務経歴書に書ける内容
  • 海外で身に着けた語学力
  • 海外で携わった業務経験
  • 海外でのマネジメント経験
シャイン
シャイン
転職するかどうかは別として、職務経歴書に海外駐在経験を盛り込めると強いです。

海外駐在のデメリット

expat_great4

このパートでは海外駐在デメリットについて解説します。

海外駐在する人の状況や環境によるのですが、良いことばかりではないのも海外駐在なんです。

赴任・帰任時期は会社次第

海外駐在員は、原則会社が決めた時期に現地法人へ派遣され、会社が決めた時期に帰任します。

つまり自分の好きな時に海外で働いて、好きな時に日本へ帰ってくるといったことができないんです。

シャイン
シャイン
僕の知り合いはアメリカに赴任してから、10カ月で帰任した人もいました。ひどすぎる・・・ 。

会社によりますが、帰任時期は多少であれば融通が利く場合もあるようです。

例えばお子さんの学校の3学期まで終わらせたいと希望すれば、調整してくれる会社もあったりします。

シャチョウ
シャチョウ
そういう会社に入った方が良いな!

ただし年単位で帰任時期を調整することはできないでしょうし、辞令が出たら従うしかないので、この点についてはデメリットと言えるでしょう。

帯同する家族に負担がかかる

海外駐在員として海外で働くことになると、帯同する家族にかなりの負担がかかることになります。

知らない土地で母国語と異なる言語を使って生活するわけですから、そりゃあ日本での暮らしとは大違いです。

帯同家族にかかる負担はたくさんありますが、中でも代表的なものが下記です。

帯同家族の負担となること
  • 配偶者が会社を辞める必要がある
  • 子供が海外の学校に通うことになる
  • 家族が不慣れで不便な海外生活を送る

共働きの家庭の場合、海外駐在員に帯同する方が駐夫又は駐妻となるので、会社を辞める必要があります。

これはキャリアを構築したい人にとっては大きなデメリットと感じるでしょう。

また帯同する子供の負担もハンパないです。

いきなり外国人ばかりがいる(海外では日本人が外国人ですが・・・)教室に放り込まれ、外国語で行われる授業を受けさせられます。

english_reason_8

今まで日本語でしか教育を受けてこなかった子供にとって、これは地獄でしかないでしょう。

シャチョウ
シャチョウ
いやいや、時間が解決するから・・・

・・・と思ったそこのアナタ、もし自分が放り込まれる立場だったらどうなるか考えてみて下さい。

時間が解決するのは半分本当ですが、子供達は言語や文化に慣れるまでかなりしんどい想いをしているんです。

海外駐在に伴う負担のことを考えたら、家族帯同は難しいなぁ・・・といった場合、それを解決する手段があります。

そう、単身赴任です。

日本に残る親の子育てにかかる負担を考えるとできれば避けたい手段ですが、僕の周りにも単身赴任で駐在している人は多いです。

シャイン
シャイン
ただし、単身赴任で海外駐在している人のほとんどが、子育てを終えた世代ですが・・・ 。

配偶者のキャリアやお子さんの学校等にさほど影響が出ないのであれば、家族帯同で海外駐在するのが良いでしょうね。

🌎ちなみに僕は家族帯同でアメリカに駐在していましたが、最初の1年こそ苦労していたものの、僕含めて家族皆総じてハッピーでした。

業務量が増える(僕の場合)

僕のケースですが、海外駐在していた頃は業務量がアホほど増えました。

ただし、これは会社、赴任先、ポジションにもよると思います。

例えば僕の場合下記の様な感じでした。

  • アメリカ西海岸の夕方 = 日本の朝
  • ボッチ駐在員現法責任者

アメリカ駐在は日本との時差のせいで、夜の部があったりします。

僕は西海岸にいたのですが、時差的にアメリカの夕方が日本の朝で、現地時間の夕方から夜にかけて日本との会議を放り込まれます。

シャチョウ
シャチョウ
せっかく海外にいるのに、働き方改革どころか働き方改悪だな!

そして僕の勤め先はボッチ駐在員なので、海外駐在員は必然的に現法の責任者となり、日本へのレポーティング業務が大量にあります。

Sales_Job

🛫さらに日本から出張者が来る場合は、大量の業務をこなしながら出張者のアテンドをするはめに・・・

とまあ、こんな感じで『アメリカでは残業なんてせずに定時になったらサクッと帰る』という話は僕にとってただの幻想でした。

シャイン
シャイン
繰り返しますが、これはあくまで僕の場合であり、会社によって状況がかなり異なると思いますよ。

出張者アテンドについての記事も過去に書いていますので、良かったらどうぞ。

attend1
海外駐在員による出張者アテンドとは?【偉い人と仲良くなるチャンスです】 アメリカ駐在していた頃の経験を基に、出張者アテンドの記事を書きました。 海外駐在員のミッションの中で、最も面倒く...

帰任したら降格された気分になる

海外現法で拠点長や管理職を務めた人が、帰任したらヒラ社員ヒラ社員に毛が生えたポジションに戻ることが多々あります。

海外現法で現地法人や工場の指揮を執っていたのに、本社に戻ったら何の権限もない・・・このギャップは大きく降格された気分になります。

シャイン
シャイン
僕も帰任してからこのギャップに悩まされましたが、これはこういうもんだと割り切って心機一転頑張るしかないと・・・。

海外駐在のメリット・デメリットまとめ

expat_great3

この記事では海外駐在のメリット・デメリットについて解説しました。

海外駐在のメリット・デメリット
  1. 結局のところ人によります
    • 駐在員の家族による
    • 駐在員の環境による
  2. 海外駐在のメリット
    • 待遇が良くなる
    • 仕事のやりがいが増す
    • 語学力が伸びる
    • 海外畑のキャリアを構築できる
    • 職務経歴書がパワーアップ
  3. 海外駐在のデメリット
    • 赴任・帰任時期は会社次第
    • 帯同する家族に負担がかかる
    • 業務量が増える
    • 帰任したら降格された気分になる

記事のタイトル上にあるように、海外駐在をどう考えるかはその人次第です。

年齢、赴任地、家族の状況によってメリットと感じるかデメリットと感じるかは、大きく異なるでしょう。

賛否両論ありますが『海外で働きたい』『海外で生活してみたい』という人に、僕は海外駐在を全力でおすすめします。

シャチョウ
シャチョウ
普通のサラリーマンが会社のサポートを受けながら、海外で生活できる方法なんて他にないからね。

メリット・デメリットを天秤にかけ、メリットの方が大きいと感じる方は是非海外駐在を目指してみて下さい。

この記事が読者さんのお役に立てばメッチャ嬉しいです。

 

【人気記事】ネイティブキャンプはひどい?【いえ、最高なので僕は課金しています】

【人気記事】【海外駐在後の転職活動】グローバル企業向け転職サービスのレビュー

ABOUT ME
Shine
アメリカ駐在を7年経験した後、現在は事業企画部門の管理職として働く40代の会社員です。海外営業や海外駐在員として働いて得た経験やスキルを発信します。多くの読者さんに海外ビジネスのことを知ってもらいたいです。