キャリア

会社員(サラリーマン)が出張時に持っていきたいガジェット

Gadgets

どうも、Shine(シャイン)です。会社員(サラリーマン)をやっていると国内外の出張に行く機会が多くあります。

例えば出張先で「ゲッ、アレ持ってくるの忘れた・・・」とか「あっ、こんなときにアレがあれば・・・」といった経験ありませんか?

というわけで今回は出張時に持っていくと便利なガジェットを紹介したいと思います。

出張先で電話/WEB会議

現在ワタシはアメリカでメーカーの駐在員として働いています。アメリカは国土が広いので、取引先を訪問する場合、飛行機を使って遠方に出張します。

出先から電話/WEB会議参加

出張に出ている間も取引先や日本の本社から、ガンガン連絡が入ります。通信技術の発達した現代、どこにいようが電話/WEB会議に出なければなりません。

会議/打ち合わせに出る以上、会議の内容をしっかり把握し、会議にきちんと対応する為にメモを取る必要があります。電話片手にだと少し厳しい。

クリアな音声で電話/WEB会議

PC標準装備のスピーカーから音声を出す場合、出力が弱くて相手の声が聞こえにくかったりします。

出張中の電話/WEB会議参加には両手が空き、こちらの声をしっかり拾い又相手の声をクリアに出力するガジェットが欲しいところです。

そんな時は、JABRA SPEAK 510が便利です。相手の声をクリアに出力するだけでなく、こちらの声もキレイに拾ってくれます。

詳細はこちら

複数名いる電話/WEB会議で力を発揮

例えば複数名で大事な電話/WEB会議に出席しなければいけない場合、JABRA SPEAK 510があればクリアな音声でやり取りすることができます。

これさえあれば、出張先から会議に入って音声にイライラすることもありません。出張が多い会社員(サラリーマン)にはかなり助けられるアイテムです。


出張先でレンタカー

アメリカの出張は飛行機で空港まで行き、そこからレンタカーを借りて目的地に向かうことが多いです。

カーナビは使わない

Googleマップ等のナビアプリが発達した現代、レンタカーを借りる際にナビを付けることは殆どありません。

かくいうワタシも運転する際はGoogleマップをナビとして使用しています。

スマートフォンホルダー

いまどきのスマホナビアプリは超優秀で、困ることは殆どありません。ただレンタカーにはスマホを置く場所がありません。

スマホを片手に持ちながらの運転は非常に危険ですし、そんなことしたら交通違反としてオマワリサンに停められてしまいます。

出張先でレンタカーを借りる場合は、スマホホルダーを持っていくことをおススメします。スマホ置けてUSBポートから充電できるものが便利です。


出張に便利なバックパック

一週間程度の出張は意外と疲れます。特に公共交通機関を使う場合は歩く頻度が上がるのでなおさらです。仕事で結果を出すために出来るだけ体への負担を抑えたいものです。

ブリーフケースの代わりにバックパック

ビジネスで出張に行く際、ブリーフケースと機内に持ち込みできるキャリーバックを持っていくのが一般的ですね。

そしてクライアント訪問時には、ブリーフケースにパソコンやらデバイスを入れて動き回ります。ただこれだと片手がふさがるし、体に負担がかかります。

ワタシはアメリカ国内出張の際、ブリーフケースではなくバックパックを使っています。私の場合出先でも日本からガンガン電話がかかってきます。

電話で話をしながら、タブレット端末の画面を見たり、メモを取ったりするので出来るだけ両手を自由にしておきたいからです。また動き回るの時もバックパックのほうが楽です。

TUMIならビジネスシーンもOK

そこでおススメなのが、TUMIのバックパックです。見た目がオシャレなのでビジネスシーンでも全く違和感がありません。

またコンパクトな造りで体にしっかりフィット、体への負担を和らげてくれます。ポケットの数も多く、出張に必要なガジェットをしっかり収納してくれます。

バックパックの背面にはキャリーバックのハンドルが挿せるようになっており、バックパックをキャリーバックの上に乗せて移動できます。

少し値段ははりますが、モノは確かに良くビジネスで使えることを考えると、お金を出す価値ありです。


国内外出張戦略

出張はしっかり準備しないと出張先で消耗するばかりか、仕事の成果に影響します。かけるべきところにはお金をかけて、実のある出張にするよう態勢を整えましょう。

  • 出張中の会議参加の為ブルートゥーススピーカーを持参
  • 出張先で使うレンタカー用スマホホルダーを持参
  • TUMIのビジネスバックパックで出張を快適に

それでは今回はこの辺で。

company_great
会社員(サラリーマン)として生きるメリット会社員(サラリーマン)として生きるメリットを解説します。パフォーマンスに左右されない給与体系、使わないと損する福利厚生、会社の経費で行く国内外出張、会社の経費でちょっと贅沢できる接待についての記事です。...
ABOUT ME
Shine
Shine
こんにちは、Shine(シャイン)です。 5流大学卒業 → フリーター → 派遣社員 → 正社員営業マンという経歴を経て、現在は米国駐在員として働く40代の会社員です。 私が会社員として生き残る為に、実践してきたノウハウを多くの方と共有したいと思いこのサイトを作りました。